nuri + a


calendar | entry | comment | trackback | category | archive | link | profile | favorite | others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
オーガニックTシャツに想う
 

私の大、大、大好きなお店のひとつ、手染メ屋のTシャツに袖を通す。

昨年の夏に3ヶ月くらい待ちでオーダーしたTシャツ。
あのときはもう夏も過ぎて秋になっていたため、今年まで寝かせておいたもの。

「オーガニックTシャツはいいよー、しかも手染メ屋のは、」
と、手染メ屋を愛してやまない母からいつも聞かされていたけれど
実際にTシャツを着たのは初めてだった。

着てみての一番の感覚は
「!? ふんわり愛されてる感じがする〜」
でした。
なんだろう、着ているだけで、じんわり包まれている感じがする。
歩いていても、なんだか中心が整った感じでうれしくなるし
ふと、気が付いたときに、あ〜心地よいな〜と思ったりする。
たとえば、心地よい風がぴゅーっと吹いたときに似た感覚。

これを知ってしまっては、後には戻れないような気がする。
確かに、値段は決心してほいほい買えるような値段ではなくて
Tシャツにしては高い価格だと思うのだけど
これを知ってしまっては、ね。
こんなに素晴らしいTシャツを作ってくれてありがとう。
アオキさんの笑顔が心にぽっと灯って、また一段と好きになってしまった。

時折、Tシャツをやさしく撫でながら、自分が愛されているような感覚に
なりながら掃除をしていてふと思った。
「もの作りとは嫌な気持ちになって作ってはいけないし、仕事として作業として
作るというのは、なんか違う気がする」
そんなことをつらつらと思った。

オーガニックコットンが作られる工程は最近やっと知って、
というか、そもそも普通の一般のコットンの農薬の量や
摘み取る時に枯葉剤をまくということ、新しい種を売るために
どんどん農薬とセットで弱い品種を作っているというダークサイドを
知ってからは、一概に綿100%だから良い、とは思えなくなってきた。

それはものを作るということに、なにかしら繋がっているような気がして
自分が作り出すものは、どこか嘘があってはいけないな、と思う。
作る前提に「愛しき気持ち」、素材を愛する心であったり
あの人のために作りたい、であったり、喜んでくれる全ての人への
気持ちであったり。

昨日のブログで、作るための心得を考えて、ひと呼吸おいて
また、明日からがんばって「愛しきもの」を作れそうな気持ちになった。
そんな気持ちになれたのも、愛情たっぷりのアオキさんが
染めてくれたTシャツを着ているのかもしれないし、
今日の撮影で大好きなタカノさんと岡森さんとお仕事したからかもしれないし、
手紙社の北島さんやセソコさんとのやりとりのおかげかもしれないし、

「大事に想う気持ちは大事な気持ちを引き寄せる」
ということかもしれないし、

なんだろう、人の気持ちっていうものは
あながちぞんざいには扱えないぞ、
それはものを作る人間はいつもいつも肝に銘じておかなければいけない、
とすっと背筋を伸ばして考えた蒸し暑い夕暮れでした。



19:28 | 心に響くもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
あの日から
 

私のパソコンの前の壁には1枚のハガキを貼っています。

「バルーンアーティストか、モデルになりたいです。」
とかわいいイラストつきで書いてあります。

そうです、岩手から子ども達に送った文房具のお礼のハガキが
届いたのです。

なんだか慌しい日々が続いていたので、きちんと文章にすることが
できないままでいましたが、明日は11日。そしてお盆ももうすぐ。

今日ふと今までのブログを読み返しえていてあの地震の日までを
遡って読んでいました。
なんというか、
これは自分が書いた文章なんだろうか。
押し迫った緊迫感とやりきれなさと、突き動かされるままに動いている
衝動のようなもの。
まるで誰かが書いた文章のように客観的に読んで、そんで恥ずかしくも
泣いていました。
思い出すこともたくさんある、
と、いまも号泣してます。

手も震えている

察するに、やはりどこかで気持ちに蓋をしていた
今も続く原発のこと
これからの未来のこと
失ったこと
変わったこと
怖かったこと
人が人としての生きる権利が奪われたこと

そういうもの全部


それでも
やはりわたしは

希望を信じたい。

こどもたちが書いてくれたハガキ。
みんな未来を信じている。
生きることが難しい、なんてこどもが思わなくていいんだ。
キラキラの明日に向って突っ走って欲しい。
今日遊ぶくことに全力でいて欲しい。



あれから自分はなにをしてきただろうか。

何もできない無力

時々襲ってくる悲しみ



生きて
生きて心を泉のようにきれいにして
大好きな人たちが今日も笑っていられますようにと祈ること
生きて
生きて今日の色を蝋燭に記録していくこと
そしてひとりでもいい、誰かの心に届くものを作ること

そして自分の、今も生きていられるこの命を精一杯大事にしてあげること。

この場をお借りして
被災地へ文房具を送ってくださった皆様に感謝の気持ちとたくさんのハグを。

「わたしは自分の善意を信じたい」
そう思って行動したあの日の自分にもハグを。

そして亡くなられたたくさんの方々のご冥福をお祈りします。



文房具は引き続き、小学生の自由帳と小学3~4年生向けの辞書を募集しています。
もしお盆などで帰省されて、昔の辞書など発見されましたら寄付していただけると
幸いです。
メールでご一報いただけると嬉しいです。


まだまだ続く放射能の恐怖、特に関東圏の方々のお気持ちを察すると
なんともやりきれない気持ちになります。
これからの未来のこと
本気で考えるときなのかもしれませんね。
水に石を投げたら波紋は石から広がります。
要はひとりひとりの想いが波紋のようにゆるやかに広がって
大きな波紋になって世界を変えていく。
それも愛をもって広げていけたらどんなに素敵でしょう。

多分、みんなこわい。

「反戦運動ではなく、平和運動を」
とおっしゃった服部みれいさんの言葉を私も心に刻んでいます。
北風と太陽のように
なにかあたたかいものでくるんでよい方向に向っていく、
その感じを日々確かめながら、自分にできるなにかいいことを
わたしはわたしのやり方で探っていく。

勉強不足で全然理解できてなかった自然エネルギーのことや
野菜を自分で育てることや、草花や薬草のこと、
自分にできることを少しずつ。
「楽園は自分の心のなかにある」
そう想って日々生きていこうと思います。

長くなりました。
命のことを考えるお盆、どうかみなさま素敵な時間を過ごしてくださいね。

18:06 | 心に響くもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
続々と届く荷物を前に


文房具続々と届いています。
みなさまありがとうございます!
仕分けするので、開封させていただきますね。

今日は依頼主の名前のない文房具も届きました。
無印で購入されてお店から今日届くように送られてきました。
問い合わせてみたところ、名前を名乗らずだったそうです。
男性の方・・・あしながおじさんですね。

今回いち早くご協力してくれた吉祥寺のサブロさん。
ご本人のご実家からもシャープペン600本他をずっしりと重たいダンボール
で届きました。そしてサブロさんが呼びかけてくれて、私のもとには
個人さまから続々と文房具が届いています。
そしてサブロさん経由で京都のro-jiさんも文房具集めてくれています。

みなさま、本当にありがとうございます!
明日8日に岩手に発送しますね。(岩手経由で気仙沼や宮古、
石巻の小学校に届きます)きっとダンボールたくさんになると思います。
このいっぱい詰まったみんなの愛をこどもたちに届けます。


圧倒的な善意の前でなにができようか。
もう、ね、この善意の前では悪意も憎しみもねたみも嫉妬も
なにもかもが消えていくと思うのです。
そして、人の心を本当の意味で動かすのは、この気持ちなんじゃないかな。
私はマザーテレサでもないし、無宗教だし、人助けなんて進んでするほうでは
ないし、ボランティアもやったことがない。だからこんな圧倒的な善意を
目の当たりにするのは初めてなんです。だからこそ、思うのです。
この目の前で起こっていることは偽善でもなくって、誰かに認めてもらいたい
からでもなくって、ただただこどもたちに文房具を届けたい、その気持ちだけ
なのです。そして個人の人ができる範囲で文房具を集めて梱包して宅急便
のところまで持っていって、送料を払ってくれて。その壮大な手間で届いています。
あー。また泣けてくる。
だからこそ、届くと思うんです。

今ね、いろんな原発や風評被害やら、たくさんの批判やら憎しみや怒りが
飛び交っていると思うのですが、私が思うにその人たちには、残念ながら
この善意は届いていないと思うのです。憎しみや怒りや悲しみは私には
どうすることもできないけど、批判をする人達の心はもしかしたらいい方向
に変わるかもしれない。この圧倒的な善意をその人たちが感じたら
なにか違う方向で物事を改善できるように考えるかもしれない。
だって、私がそう感じたように。目の前で受け止めないと感じれないこと
なんです。私の家族はたぶん私ほど感じていない。
でもきっと岩手の送り先やこどもたちやその周りの人には届くと思う。

もし、大きな物事を動かす人たちにこの善意が届いたら
きっと安全で住みよい世の中に変えていきたいと思う力になってくれると思う。
そう信じています。

この場を借りて、みなさまにお礼申し上げます。
引き続き、文房具募集してますので、メールくださったら送り先連絡します。


 
16:44 | 心に響くもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
p30
 クウネルvol,47のp30に響く言葉があった。

「祈りというのは、ただ跪いて手を合わせるだけのものではありません。
手を動かしたり、一身に労働をすることもまた具体的な祈りなのです。
私たちは陶芸がやりたくてここにいるわけではありません。目の前の
仕事に心を込めたいだけなのです。ちいさなすべてに愛をもって生活
すること、それも祈りとなりえるのです」

愛について考える日々。

19:26 | 心に響くもの | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nuri
届きました。
 

美しいハガキが届きました。

福岡の中川たくまさんから。
いつもHPでその活動を拝見しています。
中川さんはデザイナーですが、今年活版印刷のアトリエを箱崎に作り
いろいろなデザイン活動とともに、活版印刷も行われています。
とても丁寧なお仕事、そして日々の気づき、いつも大切なものを
はっと気づかされます。
こうでありたい、すっと私に目標を示してくれる方です。



朝の陽に透かすと、キラキラの粉雪が浮かび上がります。

さて、このハガキは展示会のお知らせなのです。
活版印刷で制作した年賀状やカレンダーなど、
季節に寄添う紙ものを展示販売されるそうです。

「ブルームーンレタープレス」
11月20日〜12月19日までの土日
福岡市東区箱崎1−32−31

福岡の方、ぜひ!


*



さて。
もうひとつは、親友すがちゃんの初個展です!

ここですがちゃんの経歴を。

川上須賀代
大阪モード学園卒業後、フリーランスとしての活動を開始。
劇団四季の様々な演目を手掛ける衣装職人。
見た目だけではなく、動き易さ等の実用性も兼ねた制作を得意とする、
またその技術を活かした既製服ラインは全国のセレクトショップにて
販売される。

おおーすがちゃん、すごい!
知ってたけど、文字にすると迫力があります。
今回は、ある音を聴いてそのインスピレーションで衣装を制作したようで
もう、いったいどんな世界が広がっているんだろう!
彼女のがんばりを見ていたから、この個展に込めた想いもある意味、
これからの彼女の人生の決意のようなものだから、祝!出発!
みたいなものです。

sugayo exhibition  
STRUCTURE
2010.12/2~12/5
11:00~19:00( 2日は17時から、5日は16時まで)
space TRE
東京都渋谷区渋谷3−16−3 東和(ルデコ)ビルB1
03-5774-5773

DMご希望の方はすがちゃんのHPまで!
彼女は30日まで大阪にいます。それまででしたらDM送ってくれると思います〜!


08:56 | 心に響くもの | - | - | posted by nuri
眞水ちゃん速報


 

眞水ちゃんにオーダーで描いてもらった暖簾!

教えてもらったとおりに霧吹きで水をかけて干しています。
んー!綺麗だなぁ。黄金のシャワーが降ってくるよう。



あのね、蜂も特別に描いてもらったのですよ。
かわいいねー!

実は、この暖簾、夢に出てきたんです。
ノキロでの展示会のお知らせのブログを読んだその晩の夢に。
今のアトリエの奥の部屋にかけなきゃ、というリアルな夢で、それで
どうしても必要な気がして、眞水ちゃんにお願いしました。

これからずっと私と過ごしていく暖簾。
毎日目にして、次第に私の家に馴染んでいくのだろう。
眞水ちゃんの絵が私のものになる。
それってとっても素晴らしい。
大好きな人の作品を買うという贅沢、毎日の栄養をたっぷりもらう感じ。

そんな素敵な眞水ちゃんがテレビに出ます!
「猫のしっぽ カエルの手」というベニシアさんの番組に。
もう、これほんとに大好きな番組なんです。
映像もとっても美しいですし、全体に風がふわーと通り抜けるような
風通しが良くて澄んでいる感じ。
まなちゃんがどんな風に切り取られているのかな。
あの雰囲気そのままかな、だとしたらディレクターさんナイスです。(笑)
とっても楽しみ。

  9月12日(日) 午後7時30分から8時
再放送 9月15日(水) 午後0時から0時30分、9月17日(金) 午前7時から7時30分
9月14日(火) 午後11時45分から午前0時15分の放送は
特集番組のため休止
再放送 9月18日(土) 午前5時25分から5時55分

やーみんなに見てもらいたいです!
10:13 | 心に響くもの | - | - | posted by nuri
ルーシー・リーという生き方


ハンス・コパーとルーシー・リーが一緒に並んで写っている写真。

とても好きな写真。切り抜いて壁に貼りました。

ルーシー・リーのことを、東京で展示会をやっている人、有名な人・・・
程度にしか知りませんでした。作品も写真や美術館で眺める程度にしか
見ていなかった。

先日の日曜美術館のハンス・コパーの特集で上の写真を見た時に
あぁ、絶対この人のことを知らなくては、と。
それから買い求めた芸術新潮のルーシー・リー特集で
ほんの少し、彼女の生き方に触れることができた。
きちんと手入れされたアトリエ、轆轤をまわすルーシー・リー、
お料理が上手だったこと、歴史が好きだったこと・・・
古代にイメージを求め、歴史書もたくさん読んでいたこと、
釉薬を刷毛で塗るやり方、知れば知るほど、作品が輝いて見える。

あのピンク色を見てみたいと思う。
あの掻き落としの線を確かめてみたいと思う。

そして、何よりも晩年87歳まで作陶していたこと、
毎朝5時には起きて轆轤に向っていたこと。
彼女は生涯うつわしか作らなかったみたいですが、
毎日、あのアトリエでコツコツと轆轤をまわしていたんだなぁと思うと
溢れてくるものがあります。

幸運にもルーシー・リー展、大阪に巡回します
あぁ、間に合った。



19:04 | 心に響くもの | - | - | posted by nuri
twilight


いつかの夕暮れ


今日、ふとharuka nakamura氏の音楽が聴きたいと思い
久しぶりにgraceを聴きました。


自分が死んだら、きっとこの音楽のようにふわふわと漂って
上の方からみんなを見ているんだろうな、みんな楽しそう、幸せにね、
って感じで。
そして大事なものは全部日常にあるんだよ、って上から思っていると思う。

そうだ、もうすぐ叔父の命日だった。
大好きな気持ちはいつまでも変わらない。
6月はいつでもせつない。



「陽が沈んでから夜が来るまでの淡く美しい、その時間へ捧げる」
-haruka nakamura-「twilight」より

今度7月15日にharuka nakamura氏のアルバムが発売されるそうです。
「twilight」

また夕暮れの楽しみがひとつ増えます。

19:55 | 心に響くもの | - | - | posted by nuri
時間をかけて紡ぐもの


王国その4、読み終わりました。
大好きだった王国シリーズ。何回も読むたびに泣けてた。
多分これからも何回も読むだろう、そしていつまでも寄り添ってくれる本だと思う。
大好きな作家さんの本が読める幸せ。同時代に生きて感じているこの奇跡。
ばななさんの日記もいつも拝見しているので、この王国が生まれていく時間なんかも
背景に読むことができて、時間というものの色彩を読んでいるかのようだった。
大きなものを見た後のほわほわとした暖かさ。

今度12月の個展の芯のようなものを今考えていて
参考になる本なんかを集めていて、そんなタイミングで読めたのもよかった。
インディアンの思想とか薬草とか、これからいろいろと読んでいくんだけど
共通した世界が広がっている気がした。
そしてますます自分のやりたい方向性が固まった気がする。

傲慢ではなく人が人の力で作り出すもの、そしてその時間。
その魔法のようなものにいつでも惹かれる。

12:57 | 心に響くもの | - | - | posted by nuri
ひとつの道しるべ


昨日は図書館へ本を返しに行ったついでに
隣りの美術館で気になる展示があっていたので
ふらっと入ってみました。
「上野伊三郎+リチコレクション展」
恥ずかしながら、お二人のことを存じ上げなかったので
なんの期待も持たずに入ったところ
もう、圧倒される色の洪水で!
夢の中にいるような、終始嬉しくてうるうるしていました。
見ているだけで幸せになれるデザイン。
かわいくてハッピー、それに尽きる、そのことだけでいいんだ!
って思わせてくれる迫力がありました。




図録ももちろん即買いです。 
幸せなひとときでした。
ひとつの道しるべを見つけたような気がしました。




:::







夜はアトリエから徒歩圏内の吉田神社へ。
小雨が降っていましたがにごり酒なんかを飲みながら
屋台で買い食いして23時を待ちました。



やはりすごい迫力でしたー!
今年は前厄なので、全部燃えてくれ、と祈りつつ
火の躍動感にわくわくしながら。

これでやっと年が明けた気がします。
いい年になりますように。

11:17 | 心に響くもの | comments(4) | trackbacks(0) | posted by nuri
<< | 2/3 | >>