nuri + a


calendar | entry | comment | trackback | category | archive | link | profile | favorite | others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
夏至は過ぎたけど


夏至が過ぎてしまいましたが、先日の手紙舎さんの展示会を少し振り返ります。

つつじヶ丘本店で行われたキャンドルディナー。
外からの景色。
やっぱりつつじヶ丘の手紙舎さん好きです。
ここでディナーができてよかった。





お料理に夢中になってしまって写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

予約制で10名限定のお食事。
コース仕立てになっていまして、どれもこれも美しく美味しいお料理でした。
お料理を作ってくれたのは、信頼のおける町田梓シェフ。
彼女の作るお料理は味はもちろんのこと、色彩感覚が素晴らしく
私が今まで見た事のない美しいお料理を作ってくれます。

あーボケボケですが、お料理の一部。
こんなドリーミンなものがたくさん出てきます。
パンももちろん彼女の手作り。



初めましての人が10人集まり、どうかなと思っていましたが
みんなすぐに打ち解けました。
ひとつのテーブルを囲んでごはんを食べるって
すごいことなんだなーと感動。
またクリスマスにやりたいね、って話しています。

//////////////////





次の日は青木隼人さんとharuka nakamuraさんのライブ。
ちょうど日が暮れていく時間で、会場がピンク色に染まる。

彼らが演奏をする前に窓を開けるという演出があったのですが
さわーっと風が入ってきて、窓越しに空が見えて
日常を切り取るような音楽を作る彼ららしい演出だと思いました。

ハルカ君が空を見ながら演奏をする。
初めて彼の演奏を京都の叡山電鉄の中で見た時も
こんな感じに空を見上げて演奏していました。
あの時は雪がちらちら舞っていました。
「あなたの目には何が見えてるのですか」
演奏を聴きながら、そう思います。



夢のような時間は儚く過ぎていくものです。

蝋燭というものは時間を作ることができる。
火が灯る時間だけでも美しいもので満たされることができるなら。

手紙舎のみなさま、青木隼人さん、haruka nakamuraくん
田仲さん、特別ゲストのアラキシンさん
あずあず。
楽しんでくださったお客さま。
そして今回の展示会を一緒に作ってくれた渡辺洋子さん、
心からお礼を申し上げます。
また一緒に時間を作りましょう。








 
17:48 | 展示会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
スポンサーサイト
17:48 | - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
Trackback URL : http://nuricandle.jugem.jp/trackback/780
<< NEW | TOP | OLD>>