nuri + a


calendar | entry | comment | trackback | category | archive | link | profile | favorite | others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「鉱物と言葉、結晶世界」

そらは みがいた 土耳古玉 
と歌いますと 雨がぴたりとやみました。
おしまいの二つぶばかりのダイアモンドがそのみがかれた土耳古玉のそらから
きらきらっと光って落ちました(童話「十力の金剛石」)
 
そらがまっ青に晴れて、一枚の瑠璃のやうに見えました(童話「ビヂテリアン大祭」)
 
その黄金いろのまひるについで、藍晶石のさわやかな夜が参りました(童話「まなづるとダアリア」)
 
あられと思ったのはみんなダイアモンドやトパァスやサファイアだったのです。おお、その雨が
どんなにきらびやかなまぶしいものだったでせう。(童話「十力の金剛石」)
 
雲がちぎれてまた夜があけて
そらは黄水晶シトリンひでりあめ(春と修羅)
 
硫黄のやうなお日さまの光(童話「学者アラムハラドの見た着物」)
 
「お日様は霧がかかると、銀の鏡のやうだね。」
「はい、又、大きな蛋白石の盤のやうでございます。」(童話「十力の金剛石」)


大好きな宮沢賢治の言葉をもとに鉱石のキャンドルの展示会を行います。
標本箱はラガード研究所さんにお願いしました。
とても素敵に仕上げてくださいました。
その中に鉱石のキャンドルを入れます。











久しぶりに鉱石を作りました。
やっぱりとても好きです。
鉱石を作り始めた初期の頃のやり方に戻しました。
ひたすらにハンマーで叩いたり。
好きで好きで夢中になって作ってた気持ちが蘇りました。

そして宮沢賢治の言葉が美しくて。

東京のみなさまぜひお立ち寄りいただけたらと思います。
今回の会場は学芸大前のSUNNY BOY BOOKSさんです。
素敵な素敵な本屋さんです。
美しいDMを作ってくださいました。



ご連絡が遅くなってしまいましたがDMご希望のかたは
info@nuricandle.comまでメールをください。
件名はDM希望でお願いします。
お名前ご住所お忘れなく。

「鉱物と言葉、結晶世界」
期間7月26日(土)〜8月10日(日)
場所 SUNNY BOY BOOKS
平日13:00〜23:00
水・木15:00〜22:00
土日祝12:00〜21:00
〒152−0004
目黒区鷹番2−14−15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)
http://www.sunnyboybooks.com/

 
19:14 | 展示会 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by nuri
スポンサーサイト
19:14 | - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








コンバンワ
本日うかがいましたー
みんな素敵で迷いましたが
素敵な箱入りの蛋白石にしましたー!

posted by n_iketani | 2014/07/29 7:37 PM |
池谷さんありがとうございます!箱入りを買ってくださったのですね!うれしいです。ありがとうございます!
posted by nuri | 2014/07/31 8:47 AM |
Trackback
Trackback URL : http://nuricandle.jugem.jp/trackback/750
<< NEW | TOP | OLD>>