nuri + a


calendar | entry | comment | trackback | category | archive | link | profile | favorite | others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ありがとうもみじ市


2年ぶりのもみじ市は寒さと雨のもみじ市だった。

当日の朝、あまりうまく眠れなかった私は一番乗りで会場に着いてしまった。
駅から河川敷の会場まで歩いていく道のりで空を見上げたら雲のすき間から
青空が見えた時、ぐっとくるものがあって涙が出てしまった。
会場につき、広い広い芝生の中でスタッフの方達がミーティングをしている光景
ああ、今から始まるんだなあとしみじみしてしまう。
北島さんとハグをし、そしてようこさんに会った瞬間、私はまた泣いてしまう。
こんなにも愛しているもみじ市がまたこの場所に帰ってきた、それだけで
もう満足なのだ。




愛ちゃんの素晴らしいサポートですごく素敵なブースになった。
慣れている愛ちゃんはディスプレイと商品を包むのも本当に手際良くやって
くれて最強の助っ人だった。本当にありがとう。

私がもみじ市に向けて本格的に制作に入ったのが10月の2日だった。
9月はなにかとバタバタしていて、体も少しおかしくしてしまい
でもこれが終わればもみじ市が待っていると毎日呪文のように唱えるほどに
もみじ市は私にとっての救いだった。
今年はいつも以上に数を作ろう、そして会場装飾のリボンも作ろう、
そう決めていたので、自分との闘いになるのかなと腹をくくっていた。
でもいざ制作に入ると、本当に作るのが楽しくて朝5時から夜23時くらいまで
ひたすら作業台にかじりついての作業が続くのに私は全然へこたれなかった。
いわゆる「もみじハイ」という状態で、わくわくとドキドキでとても幸せだった。
あらためて作ることの意味をすごく考えた日々。
もちろん売れてほしいという気持ちもあるのだけど、楽しいからどんどん作りたい
その気持ちのほうが大きかった。
この向かっている毎日、これこそがもみじ市なんだと。
当日はあいにくのお天気になってしまったけど、それでも私は満足だった。
だって私は楽しく作れて、うんいつも以上に数も作れて
装飾のリボンまで作って、私のもみじ市の80%はすでにもう完成しているのだ。

そうやって私は自分のことで精一杯だったけど、実はもみじ市の前日
少しだけ手紙舎にお手伝いに行った。イメージでは罵声が飛び交う中
スタッフが走り回って準備しているのかと思いきや、コツコツと淡々と
みんながそれぞれに作業をしていた。手作りの旗、会場マップの袋づめ
出店者へ渡す封筒など、何時に終わるのやらというくらいに作業は山積みだ。
そして誰一人文句も言わず、静かな作業場だったことに驚いたのだ。
私たちの知らないところで動いてくれてる人がいるのだ。
こうやって見ていると出店者というスターをステージに上げるために
黒子に徹して動いてくれてる、そう、私たち出店者はスターなんだと
あらためて感じてしまった(これは奢りでもなくて)。そのくらいの気持ちを
こめてなにひとつ雑にせず、私たちのために動いてくれているのが
もみじ市のボランティアスタッフさんでそしてもみじ市事務局のみなさんなのだ。
もう頭が上がりません。
本当にありがとうございます。

雨の中ずぶぬれになって動き回ってくれたスタッフのみなさん、
本当に感謝します。
会場が変わって重いテーブルや荷物を運んだりこちらの要望を聞いてくれたり
寒さで凍えそうなのに笑顔で接してくれたり、本当にすごい人たちだ。
風邪ひかないといいな。


そして最後に来てくださったお客さま。
寒かったし、雨も降るし、会場も広くて歩くのも大変だったりで
それでもキラキラと目を輝かせてキャンドルを見てくださってありがとうございました。
その笑顔を見れて私はこの制作時に込めた想いは間違ってなかったなと感じました。
これこそがもみじ市なんですね。

またここで再会することができるように
日々を肯定し、作るものに愛をこめて生きていこうと思います。









 
15:05 | 心に響くもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
スポンサーサイト
15:05 | - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
Trackback URL : http://nuricandle.jugem.jp/trackback/715
<< NEW | TOP | OLD>>