nuri + a


calendar | entry | comment | trackback | category | archive | link | profile | favorite | others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
新刊発売です


新刊が出ました
「鉱物キャンドルのつくりかた」日東書院





私が鉱物キャンドルを作るきっかけになったのは、古くなったキャンドルを思いつきでハンマーで砕いてみたところ、断面がキラキラと結晶化していて、水晶のような、宝石のような姿に自分で意図して作ることのできない偶然性を感じてしまいました。それからというもの意図してできない偶然性に片思いのような感じを抱き蝋の塊を作っては砕き、恋煩いのように鉱物キャンドルを作っていた時期がありました。実際の鉱物を観察するために鉱物の博物館に通ったり、鉱物アソビのフジイキョウコさんの本や宮沢賢治の小説からインスピレーションをもらい、鉱物の不思議にどんどん魅了されました。
 
本書はより具体的に鉱物に似せて作るという、また新たな冒険の始まりのような課題にわくわくと取り組むことができました。基本的な技術、そして材料もパラフィンだけというとてもシンプルながらも、作る人の想像力でその時にしか出せない色、形などでかけ算のように広がっていくキャンドルです。どうぞご自身の感覚を信じて楽しく作っていただけたらと思います。
 
また、憧れである鉱物アソビ・フジイキョウコさんに監修をしていただき、コラムを書いていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
本書がみなさまにとって鉱物をより深く知るきっかけとなりますようお祈り申し上げます。


/////////////////////////////////////////////////////////////

◎『鉱物キャンドルのつくりかた』出版記念フェア
会期:2016年4月7日(木) – 4月23日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
tel:042-440-3477
営業時間:12:00〜20:00
定休日:毎週月曜

◎表現の学校『作家になるということ』
いま、自分の表現を発表したいと願う「作家志望」の人が増えています。作家として独立するために、どんな道を歩み、どんな実績を重ねてきたか、どのように作品づくりをしてきたのか。作家として第一線で活躍するnuriさんに、その経験と思いを語っていただきます。
会期:2016年4月15日(金)
開場:18:30
講義:19:00〜21:00
受講料:2000円(税込/1ドリンク別途)
定員:20名
教室:本とコーヒーtegamisha
申し込み方法:4月5日(火)正午よりこちらのフォームから申し込み受付を行います。



 

22:12 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
鉱物キャンドルいろいろ


さて。
明日からSUNNY BOY BOOKS さんでの鉱物キャンドル展が
始まります。
作った鉱物の一部を紹介します。

「宝石の国」とのタイアップのため、せっかくなので
登場人物にちなんだ鉱物を作りました。
かなり自由に楽しく作りました。


こちらはフォスフォフィライト
原石のほうはわりと茶色い部分が多いのですね。
中に薄荷色のキランとした部分があるような感じにしてます。


ボルツ
カーボナードというブラックダイヤモンドなのですが
なかなか渋い出来。けっこう好きです。


アメシスト
双晶ではない原石タイプ。
涼しいですね。


左からユークレース、アレキサンドライト、ネプチュナイト
青色系鉱物。透明感も出てます。


左からイエローダイヤモンド、ダイヤモンド
漫画の中のダイヤモンドさんは虹色なので表現が難しかったのですが
小さな色の欠片を入れて表現。かわいいです。


左からレッドベリル、ジェード、モルガナイト
レッドベリル、ジェードは個人的に好きな仕上がりです。


左からヘリオドール、ルチル、ジルコン
黄色系鉱物もかわいいです。ヘリオドールは白〜透明感が強いので
さわやかですね。


これはシンシャ
紅い鉱物、かっこいい。

どれも1点ものですので選ぶ楽しみがありそうですね。




今回もラガード研究所さんに蝋引き箱を作ってもらいました。
「nuricandle」の刻印が押してあるのもあります。
やっぱりかっこいい。

いよいよ明日から。明日は12時からです。
お待ちしています。

期間_2015年7月11日(土)- 8月2日(日)
平日 13:00-23:00 / 水・木 15:00-22:00
土日祝 12:00-21:00 / 期間中おやすみなし
会場_SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)

 
00:27 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
ハンガリーキャンドル/オープニングイベント




ハンガリーをテーマにキャンドルを作っています。

いろいろな可能性を感じました。
アロマタイプのこれらのキャンドルは8日からはじまる
ちせの三人展に出品します。

今回の展示会はちせの谷内りょうたくんと西淑さんと
ハンガリーをテーマにしたものを作りたいねと打ち合わせを重ね
「天までとどく木」というハンガリーの民話をイメージソースに
それぞれ作品を作ります。
三人ともハンガリーモチーフが初めてなので
それぞれ表現の幅が広がったのではないかととてもわくわくしています。

8日にはオープニングイベントも行います。
レストランドルチさんの東欧弁当を食べながら
アナウンサーの野村朋未さんに絵本の読み聞かせを行っていただきます!
ドルチさんの東欧弁当、個人的にとても楽しみなんです!
シェフは以前にルーマニア大使館で腕をふるっていたそうです。
東欧の味ってどんなでしょう。
野村さんとは実はキャンドルの教室で知り合ったのですが
とってもおしゃれでかわいらしくて何度か通っていただくうちに
野村さんがフリーでアナウンサーをされているとお聞きしました。
絵本の読み聞かせを時々行っているそうで、だったら!と今回無理矢理
お誘いしてしまいました。

この他にもyugueさんのクッキーやmiepumpくんの珈琲など盛りだくさんで
ご用意しています。キャンドルのあかりを灯してお待ちしています。
お子様がいらっしゃる方もぜひご参加ください!

ご予約はちせinfo@chise.in までメールください。








 
10:38 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
いい景色


東京での展示会に向けて新作をもりもり作っています。

絵を描くことと刺繍をすることをろうそくに何かできないかなと
どこか質感がそんな感じになりました。
春の野草、野の花の模様のキャンドルができました。



古道具やさんで一目惚れして買った燭台に合わせて作りました。
当たり前ですがぴったりです。笑

どちらもエッセンシャルオイルがたっぷり入っていますので
すごくいい香りです。


新作の試作なんかがその辺にころんとしてるのですが
ぱっと見た時の印象が
あぁいい景色やなぁ、と思えました。
自分の作品でそんな風に思えることはなかなかないのですが
この質感と色と模様が自分の手から生まれて、手から離れた感じ、
どこか客観的に、んー客観的はいつもそうか。
これがどこかのお店で売ってたら買うだろうな、と思えました。
すとんと、ほしいなーと。
だから自分自身では最高評価の部類に入ります。
最高のものをお届けできるってなんだかとてもうれしいのです。
たくさんの人に見てもらえるとうれしいです。


展示会ではこの野草の模様のキャンドルはおもに代々木上原のオコギャラリーで。
もうひとつは小谷田さんの器に合わせた2トーンタイプと野草の模様は
手紙舎の展示会で見れます。
初日の4月2日は代々木上原のオコギャラリーに在廊しています。
よろしければ遊びにいらしてくださいね。







 
17:04 | キャンドル | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nuri
空想蝋燭店、再び。
10月21日(月)わたしたちはダダカフェに集まった。
もみじ市が終わったばかりで顔を会わせただけで涙が溢れてしまう。
いろんな気持ちを抱えたまま次に向かわないといけないけれど
その新しい一歩をこの日集まったメンバーと踏み出せることが
心強く、そして誇らしかった。
そのメンバーとはてふてふのぺこちゃん、キノ・イグルーの有坂さん
そしてアルフェテのやぎさんだ。

わたしたちは空想蝋燭店を再結成させます。
空想蝋燭店とは物語の中に存在するお店。
現れては消え、そしてまたどこかに現れる。

美しく、嬉しく、甘く儚い金平糖のような
そんな愛おしいものを作りたいと思うのだ。
いろんな色が混ざり合って純度の高い透明になっていくように
わたしたちの美しい気持ちだけで作り上げたい。
そうやって作ったものはきっとしかるべき人のもとに届くだろう。

11月に入ったらお知らせできると思います。
美しいケーキがあなたのもとにお届けできるように。

空想蝋燭店​http://hanadorobou.com/

お店を出る時、私の隣にはぺこちゃんがいて
有坂さんとやぎさんが見送ってくれた光景を忘れない。
この人たちとだったらきっと素敵なものを作り上げられる。
いろんな想いを抱えて進まなくてはいけないけれど
ひとつの道しるべ。
あかりが灯った。
さあ、前に進もう。






 
15:48 | キャンドル | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nuri
夏の新作
最近ある人が「色は物質だよね」とおっしゃったのですが
その言葉がとても印象的で、どうしても物質となった色を表現してみたくて
新しい型を作りました。


削って削って思い描く四角になるまで削ぎ落していく作業。
無垢の白、そのままでも美しくて大好きなのですが、色を作ってみたいという
欲求がむくむく湧きます。

結局のところ、いつもここに行き着くわけですが
私は四角や三角などの形を作ることが好きなんだなあと思います。


型にして、色を流す。
最近気に入っている、ザラザラした異国の壁のようでもあり、
油絵の具のような盛り上がったテクスチャー。
いつもの2トーンも大好きな質感に。
その佇まいが色の質感をぐっと引き上げてくれる。
色というものが物質であるかの証明はできたかどうかわからないけれど
色には感情があり、物語があるのだと確信する。
蝋燭屋である前に、色屋さんでありたいといつも思っているのですが
この質感、色の感じ、求めている手触りに一歩近づけたと思います。


この家の蝋燭も、風車小屋のような雰囲気。
夏の風を運んでくれるかしら。

自分が求めていたものを作り出せること
ここには誰の評価も入ってこない完全な聖域なのですが
それを持っているということは静かな力になります。
土台のようなものを固めていくこと、
それは人生を生活を固めていくことと同じなのかな。
私にとってそれは色を表現することであったり
こういう何でもない形の哲学を追求していくことであったり。
その静かで確かな場所があると
人間としてだいぶ生きることが楽になると思う。

なんつって。


8月の鎌倉の展示会に出そうと思っています。
普段使える蝋燭をもりもり作りたいと思います。






11:30 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
夏至の夜

6月21日の夏至の夜は
ほんとにほんとに素敵な時間になりました。

キャンドルの灯りの中で揺れるカタカタのタペストリー。


真っ白なテーブルクロスの上をカタカタの布で即興でデザインしていきます。
最後に蝋燭を灯して、夕餉の時間のはじまりです。
カタカタの絵の中でごはんを食べている、そんな素敵な空間になりました。


それぞれのテーブルでおしゃべりの華が咲き、お酒も進み、みなさんがゆっくりと
時間を楽しんでいられたのがとても印象的でした。
やっぱり時間は作るものだなとあらためて思いました。
いい時間をたくさん作っていくことは本当に良いことだなあ。
時間という見えないものを作るってとても抽象的だけど、心に豊に広がって
いつしか見えるものに確実になっていくと思う。





09:51 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
ロゴができました。

神戸のeleさんで今日から展示が始まります。

今回はソイ(大豆)やパーム(やし)や蜜蝋などの自然素材のワックスを使った
新しい試みの展示会です。
ソイもパームも初めてちゃんと使ってみたのですが、とってもいい感じです。


ソイキャンドルはグラスに入れました。
アロマキャンドルですので、香料もたっぷり。
3〜4種類の香料をブレンドして奥行きの深い香りになりました。


試しに使ってみているのですが、ふわーと香りが漂います。
かなりお気に入り。

そして初お披露目ですが、ロゴを作ってもらいました。
いつもDMなどを作ってもらっているarfのやぎともひろさんに作って
もらいました。私の感性を多分一番理解してくれてる人だと思います。
頼りにしています。いつもありがとうございます。
自分のやりたいことを信頼のおける他人からの視線で観察できると
世界がぐーんと広がります。秋にも楽しいことをしようと計画中。
うまく進むといいな。


そんなこんなでいろいろリフレッシュ。
eleさんでのワークショップは15時は満席です。
12時からの分はまだ空きがあります。
円柱キャンドルは色、香りともに自由にできますのでオリジナルの
キャンドルを作ってみてください。

::

今朝、4時間の制作を終えて、こう、なにか覚悟のようなものを
しなければいけないな、と思いました。
何かを極めようと思ったら、やっぱりそれ相応のミニマムな生活が
必要なわけで。いつもいつも自分に問うているのですが
何をやりたいのか、どう生きたいのか。
答えはいつも同じ。ここにブレがないことにひとまず安堵。
作りたい、それだけだ。
気力も体力も必要なこの生き方、ぼーっとしてたらやっぱり
エネルギーのようなものはそこに注がれずに、漏れていってしまうみたい。
でもきっと本気で作りたいと思ったらそんなの関係なく
そこに向かっているはずなのだ。
だから、
なにかが足りない。
毎日をエンジン全開でいく生き方は
覚悟のようなものを決めたときにバランスがとれるような気がする。

何を選んで、何を捨てるか。だ。
世界に自分を合わせるのではなく
私が世界なのだ。







 
09:20 | キャンドル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nuri
振り返りしいろいろ、そしてこれから。
 ああ、もうGWも終わってしまった。
何をしてたのか、バタバタと日々が過ぎて行く。

ちょっといろいろ振り返り。


4月にはアイタルガボンさんで星空教室がありました。





ラガード研究所からいろいろと星系のものを持ってきてみんなで装飾。
この日飛び入りでお手伝いしてくれた西淑さん二月四日可否の西綾香さん
が店内を素敵に装飾してくださいました。
楽しかった!
この日は残念ながら曇り空で星を見ることができなかったのですが、
みんなで星座に想いを馳せる体験はとても贅沢な時間でした。
また参加したいな。



先日まで手紙舎さんで西淑さんの展示会が行われていました。
淑さんの絵の中でキャンドルディナーをしていただけるように
キャンドルを作りました。
上の写真はこの展示会のために用意された空のスープ。
夕焼けのメレンゲ、どんな味がするのでしょう。

私は淑さんの馬や家をモチーフにキャンドルを作りました。
淑さんの風景画の中を馬が駆けるように。




そして。


イラストレーターの寺田順三さんのモチーフをキャンドルに。
5月1日からのウラン堂さんでの展示会で販売されます。
巨匠のイラストを立体にするのってとてもドキドキしましたが
楽しく作らさせていただきました。
26日まで開催ですのでぜひお立ち寄りくださいませ。




:::::


さて。

今後の予定です。

5月11日、12日は愛知県で行われる森道市場に出店させていただきます。
紹介ブログはこちら
もう今週なんですね、早い早い。ヤバいヤバい。
今バタバタと準備しております。

5月22日〜27日は京都女子10の手仕事展に参加させていただきます。
こちらはまた詳しく。

6月は一ヶ月間、神楽坂の貞さんで展示会をさせていただきます。
「nuriキャンドルとparapluie de"merci"の日傘」
京都ですてきな傘を作られてるparapluie de“merci”さん。
私もこのブランドさんの綺麗なオレンジ色の傘を持っています。
まさかいつか一緒に展示会ができるとは思っていませんでした、嬉しい。
こちらもまた後日詳しく。

わわ。
書きたいことがいろいろあるけれど。
またゆっくり。





14:52 | キャンドル | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nuri
いろいろ失敗もしたけど
 

あっという間に3月も末。
個展用のキャンドルをせっせと作っています。
ずっと作りたかった植物の模様も新しい技法でなんとかできるように
なりました。
いろいろ失敗もたくさんしてますけど、とってもたのしく作っています。
自分の中で新しい世界が広がっているような感覚です。



そんなこんなで
窓から見える桜もだんだん開いてきました。
ワークショップをやろうとか言って、全然進んでいなくてすみません!
4月の第一週か第二週かにやりたいとこですが・・

個展とカタログ制作と、少し落ち着いたらやりたいです。
新緑になってしまってもいいでしょうか・・・苦笑


12:02 | キャンドル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by nuri
| 1/10 | >>